読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mashuu note

ましゅうの日記

ひさびさゴルマ

今日は休みで、札幌市北区のつどーむに行ってきましたよ。回数重ねて今回第33回のゴールデンマーケット。行ったのは昨年4月以来です。もちろん、フリマじゃなくてステージ目当て。

百合が原公園の隣の空き地(いつもの臨時駐車場)に車を駐めました。シャトルバスに乗る直前に撮った、こんな中途半端な写真しかないや…。左奥につどーむ、右端にバスがちらりと見えます。2kmくらい離れてますが、直近に駐車する為に延々待ち行列作るより数段いいじゃんと毎年思います。

今月でSnow*Dropもくれれっ娘も辞めてしまう佐々木優香ちゃんこと、ゆっかの外イベントで歌う姿を観られるのは個人的には今回が最後。29日も休みで卒業公演には行きたいと思ってはいますが、直前まで行けるかどうかは確証が無いのは、私の生業の哀しい定め。会える時に会っておかないと後悔する。静かに座って観てました。しっかり瞼に焼き付けました。出来れば…、29日の公演にはきちんと観に行って、いつものように思いっきり体を動かして応援して、一緒に楽しみたいですぞ。

ただ、物販時に彼女と話さないままに帰ってきちゃった! だって、ちーちゃんとツーショット撮ったらお腹いっぱいになっちゃって、物販ブースに戻らずに帰ってきちゃったんだもん! てへ! ぺろ!

クレレコ勢の後にJewel Kissのステージを見て、彼女ら随分と大人びてきたなぁ〜、と感慨深かったです。9月のだいどんでんで見掛けた時は、雨の中でそんなことまで感じ取る余裕が無かった。あうあうことかれんちゃん随分キレイになったなあー、とTwitterでつぶやこうかと思いかけて止めてたのですが、ここで書いちゃった。一般客は撮影禁止で私は今回何も撮っておりませんで、ひとまずの感想まで。

あ、前後しますがMerci♡Cocoいいですね。カラーがはっきりしていて実に好感持てますね。デビュー曲もブレてない。売れるといいなあ。れっち可愛いなあ。リーダーの前髪まっすぐになっててちょっと驚いた。

そんな感じの薄い感想でござんした。最近軸足が苫小牧での生活に偏っちゃってて、一生アイドルファンやっていこうって決めてるのにパワーあまり注げてません。そのうち、改善(?)したいところであります。

以下余談。


帰り道。20年前の4月、初就職した会社の寮があってひと月だけ暮らした栄町。ええ、イベントとはまったく関係ありません。


ヨドバシカメラ札幌店屋上駐車場。日曜午後はさすがに込みますよね。そのうち届くであろうiPhone5s用にカバーや保護シート、ストラップなどじっくり選んで買いました。色々考えて結局、今も使っているような感じのストラップ穴付き透明カバーを購入。かなり保守的なワタクシですが、ビジネスでも使ってるので仕方ないのよねー(言い訳)。今使ってるiPhone5で合わせを見てみたら良好だったのでとりあえずそのまま使い始めちゃいます!

日帰り温泉でのんびり

今日明日と連休なのですが、しばらく通っている歯科治療の予約を両日午前中に入れているので遠出する気にもならず、苫小牧で過ごしております。せめて休み気分に浸りたいと思い、近郊の日帰り温泉に行くことにしました。今回は、近いのに行ったことがない白老町のポロト湖畔にある温泉。


静かな湖畔を絵に書いたような情景。遠くに見えるは樽前山で、苫小牧から眺めるよりも溶岩丘がくっきり見えます。温泉はポロト湖の観光地ポロトコタンからはやや離れており修学旅行生らしき団体の歓声が微かに聞こえるのみ。それはそれで趣あり。


鄙びた雰囲気の建物。昔はホテル営業もしていたようですが、今は日帰り温泉のみ。大人400円。

浴槽はひとつのみで、大人が10人も入ればぎゅうぎゅうになってしまいそうな感じ。地域の方々に愛されているのでしょう、おじ様おば様たちの楽園です。恐らくは常連さんと思われるお爺さんが湯に浸かるなり「今日はぬるいな〜」と言っていたのが印象的でした。私には熱いくらいでしたが。

写真には撮れませんでしたが、コーヒー色のモール泉。まさか、こんなに家から近い所でモール泉に入れるとは思いませんでした。苫小牧のアルテンにある「ゆのみの湯」とは違う泉質。湖畔故に植物質豊富なのでしょうかねえ。かなり色濃い感じでした。ちょっととろみのあるような、美容に良さそうなお湯。浴室内は浴槽と洗い場以外の設備はなく、しばらく浸かったら上がって休憩室で涼み、また入浴するといった感じで過ごすしかないような場所。源泉かけ流し循環なし加水なし。ボディソープとリンスインシャンプーは置いてありました。到れり尽くせりの施設ではないけど、それはそれで良し。またそのうち行く…かも知れません。

とりあえずiPhone5s予約

iPhone発売日。色々と検討して今回はSoftBankのままで機種変更しようと思います。
粛々と仕事をこなし、定時で上がりいつもの電機店へ直行。64Gは黒(スペースグレー)は若干在庫アリとのことでしたが、欲しいゴールドは無し。ちょっと心揺れ動いたけれど初志貫徹と思い64Gゴールドを予約しました。入荷時期は未定。とは言えきっと一週間もすれば届くっしょ? 甘い?
ちなみに、4s機種代金の残りの支払いをチャラに出来るものと思っていた「残債無料キャンペーン」は今現在4sを使っている人に適用出来るとのことで、5を使っている私めは適用外なのだそう。なーんだ。毎年出たらほいほい買ってる、しかも2年縛りの分割で買ってる輩にウマい話はそうそうないってことか。ま、いいさ。きっちり払ってやりましょ!

帰宅してiOS7への入れ替えを行いました。19日から可能だったのだけれど、昨夜は業務上電話を常にアクティブな状態にしておかなくてはいけなかったので我慢していた次第。


↑iOS6での見慣れた画面。


↑iOS7。文字が細くて見づらい!

ネットで調べてみると、文字は「設定」→「アクセシビリティ」で太い文字に変更出来ることが分かりました。すぐに設定し、まぁまぁ見易くなりました。新しい端末が届くまでの間、5でiOS7に慣れておこうと思います。ただ、ロック解除にパスコード入れるのが早くも面倒で仕方ありません! がんばろう!

iPhone買い替えフラグ!?

9/11にiPhone5s/5cが発表になりまして、NTT Docomoでの取り扱いも始まるとのアナウンスがありまして、気になりつつも現在iPhone5を使っている身としてはしばらく様子を見てみようと構えていたのです。

先ほど、ふとSoftBankのiPhone5sキャンペーンの内容を見てみましたら「残債無料キャンペーン」なるものがあり、かつて使っていたiPhone4sの残債がチャラになるというのです。何ということでしょう! 本体は昨年5を買った頃の下取りキャンペーンに出してしまっていて手元にはありませんが、分割払いの本体代金は3回分の8,400円が残っています。いずれ5sを買うなら、残債無くせる今の方がイイってことではないですか。

全くもってSoftBankの思う壺ですが、20日の発売開始後は速やかに5sへの買い替えを行いたいと思います。それまでにNTT Docomoがより魅力的なプランを出してきたならば、再考するにやぶさかではありません。

思いがけない再会

遥かな昔、25歳頃。念願叶って札幌に勤務地変更となり戻ってきた私と夜な夜な一緒に飲んでいた友人がいた。高校の後輩。一緒の委員会にいた頃に知り合った。当時はお互い付き合っていた人がいたので先輩後輩以上の何ものでもなかった。
札幌で会うようになってからは彼女が勤める小料理屋(何時に入っても閉店直前でも一万円)に通い、その店に集まる怪しげな人々とも仲良くなり、遊びサークルに一緒に参加し、飲み歩いたりスキー旅行に行ったりしていた。友人というにはもうちょっとだけ近い関係、でもステディではなかった。それは自分のせい。
一年くらい経ち私の仕事が忙しくなってきて朝まで飲み歩くなんてムチャもそろそろ出来なくなってきた頃に、煮詰まった感じが我慢ならなくなり、私から一方的に絶縁した。遊びサークルともさよなら。後々思えばそこで知り合った人々と今も付き合い保ってれば楽しいこともあったかもとの思いが頭をよぎらなくもない、結構な立場の人々がいたのだけれど、もうどうしようもない。いかにも、トンがった、トンがらがっちまった若気の至りだ。
別れの後すぐに彼女は家を引越してしまった。数年後、久々に別の友人を介して会うことになった彼女から、相手を見付けて結婚するという報告を受けた。結婚披露宴には出た。歌すら歌った。ご丁寧に二次会まで出た。しばらく年賀状のやり取りをしてそれも途切れた。数年前、人づてに重い病を抱えているらしいという話を聞いた。ならばもう生きてはいないのだろうと最近は頭の中の整理ポストに入れてしまっていた。
先月所用で札幌へ行った夜、札幌医大が見えるあたりに通りかかり、近くにまだあるかも知れないあの店のことを思った。さすがにもう行ってみようという気にもならない。21世紀に入ってから一度も行ってないのだ。ただ、もう戻らない過去を、能天気に飲んだくれていた日々を、ちらと思い出していた。

……と、純文学作品でも書こうとしてるのかと突っ込まれてしまいかねない、しまりのない文章はこれくらいにしときます。

今夜、仕事の必然の中の偶然(まどろっこしい)で、彼女に再会しました。息子と娘を連れて、元気そうでした。まぁ、どこか患っているのかも知れないけど、長々世間話をするのも憚られる場所だったので、「元気で良かった」と言うのが精一杯でした。万感の思いを込めて。

しかし、人生って面白いね! と、つくづく思ったのでした。

EP-802Aに黄信号点る

8月も晦日でございます。って時に、プリンタ・スキャナ複合機として2009年から足掛け4年に渡り使っているEP-802Aにトラブルなのです。
昨夜のこと。仕事で使おうと思って編集したCDにレーベル印刷してみようと、いつもの何ら変哲もない作業を、数十回いや100回以上は行っている基本動作を始めたのです。

本体に内蔵されているトレイにCDをセットするという方式なのですが、一旦載せて他の作業を行っているうちに時間が経ち、一度内側に取り込まれました。これはよくあること。しかし、CDの向きを確かめようと改めてトレイを前に出してみたら、置いたはずのCDが無い。無いのです! いつかはこんなこともあるかもと薄っすら思いつつも真剣には向き合って来なかった報いかこれは。
焦りました。夜中ゆえの勘違い? いえいえ、諸々再確認しましたが間違いない。電源を抜いて本体を逆さまにして振ってみたりもしました。しかし、カラカラという音もしない。ネット上の情報によれば根本的解決法は無いそうです。無理やり取り出すしかない。
一日置いて、先ほど会社から帰ってきて、これまたネット上の情報を頼りに分解してみました。しかしトレイまでたどり着けない感触があり、壊してしまう前に元に戻しました。

ひとまず、ダメもとでCDレーベル印刷と紙への印刷を試行してみると、何とまあ、あっさり出来たのです。とは言え、時折トレイ退避時に内部に残るCDが何か悪さをするのかエラーが出たりして不穏。まぁ、しばらくはこのまま使って様子を見てみることにします。マゼンタのインクがかなり減ってるので買ってこなきゃだわ。
我慢出来なくなって年賀状作成シーズンの頃にきっと買い替えたくなるんじゃないかな〜、とは予感してますけれどもね。

ここのところの日々

ゆったり過ごしてお盆も過ぎて、今の会社で働くようになって丸5年が経つ、そんな8月20日でした。毎日あまちゃん楽しく観ています。日曜は除く。